ご依頼下さい

TOP >  銀の馬車道

銀の馬車道


銀の馬車道
「銀の馬車道」は、明治の初めに生野と飾磨港の間、約49キロを結ぶ道路として明治政府が建設しました。正式名称 「生野鉱山寮馬車道」で、当時としては最高水準の規格を持つなど、いわば明治の高速道路というべき馬車専用道路です。 完成から約130年がたった現在では、道路の大部分が車の走る国道や県道に変わり、 一部は新幹線姫路駅の用地にもなっています。姫路コンベンションサポートでは、兵庫県中播磨県民局が推進する「銀の馬車道プロジェクト」に賛同することで、県と共にさまざまな取り組みへ携わっています。

銀の馬車道公式ページ

■銀の馬車道
銀の馬車道は、朝来市から、神河町、市川町、福崎町、姫路市とつづく1本の道。沿道には、風情ある街並みなど多数の観光スポットがあり、一日では回りきれないほどの豊かな地域資源を誇ります。

①時代背景
銀の馬車道は、明治時代、朝来市生野町にある生野銀山を姫路市飾磨港まで運んだ馬車が通ったとされる、日本最古の産業高速道路です。富国強兵の合言葉の下、日本では外国からの技術や知識を取り入れようと、新しい風が吹いていました。生野鉱山でも、これまでの技術では衰退の一途をたどるばかりの状態でした。近代的な技術の導入によって鉱山を再生するために雇われたのが、フランス 人鉱山技師フランシスコ・コワニェでした。コワニェは明治政府の誕生とともに「お雇い外国人第一号」として、生野銀山の開発にあたったのです。この銀山か ら採取された銀を効率的に運ぶために整備されたのが「生野鉱山寮馬車道」です。この人情喜劇は、もちろんフィクションです。時代は明治6年。まさに、馬車道を通そうとするフランス人と地元の人々との新しい時代の創造を人情喜劇として作りあげています。

③事業目的
NPO法人姫路コンベンションサポートでは、銀の馬車道という地域資源をツールとして、以下のことを目的に事業に取り組んでいます。

人情喜劇『銀の馬車道』 銀の馬車道サイクリング 銀の馬車道ウォーク