ご依頼下さい

TOP >  姫路城英語観光ガイド >  このミッションの実現のために

このミッションの実現のために


このミッションの実現のために私たちが取り組んでいることは

1. ナビゲーター(ガイド)養成講座
ナビゲーターに求められるのは、語学能力のみならず、歴史・文化・伝統に関する見識や国際的な視野、地域全般に対する深い造詣が求められます。何より大切なのは、おもてなしの姿勢。私たちは、高い理想に少しでも近づこうという熱意や努力を持ち、実践できる人材の育成にも取り組んでいます。ナビゲーター養成講座は、人材育成活動の一環。修了後も会員制の「i-Guideナビグループ」が、研修会などを通じて修了生のお世話や指導に当たります。
姫路城外国語ボランティア養成講座は現在養成講座の受講生を募集しています。
次回開催予定は未定ですが、最少催行人数に達した段階で開講予定です。
受講希望の方は、メールかお電話にてお問い合わせください。
メール:info@denpakudo.jp
電 話:079-286-8988
<よくある質問>
Q. ボランティアをするのになぜ有料の講座を受講するのでしょうか。
A. 姫路城をガイドをするには、建築や歴史、文化など専門的な知識が必要になります。また日本語では訳せないことばもあります。姫路コンベンションサポートでは外国人といっしょにテキストを作り、それを元にネイティブとベテランガイドの2人体制で講義を実施しています。また受講生にも熱心に講座を受講していただきたいと有料制にしています。

Q. ボランティア養成講座を受けたらすぐにガイドとしてデビューできるのでしょうか?
A. ガイドとしての活動の場はたくさんありますが、最初は1人では無理だと思います。なぜならガイドは勉強した内容だけをお伝えするのではないからです。ガイドとしての心構え、予備知識などは場数を踏んでこそ体得できるものです。最初は先輩ガイドの方々といっしょに回られることをおすすめします。

Q. 養成講座終了後はどのように勉強したらいいでしょうか。
A. ボランティアガイドとして活動するにあたり、講座で得た知識以外の様々な町の情報などを学ぶ必要があります。そのため、卒業生たちで作るボランティアグループ「なびグループ」があります。その中で勉強会等を開催しますので、ぜひご参加ください。(年会費1,000円)